どのような間取りにするか

住宅模型

静岡県の三島市は、温暖な気候として知られています。ここで注文住宅を建築する場合には、温暖な気候利用して様々な工夫を凝らすと良いでしょう。比較的中心部ならば別ですが、少し外れたところならば隣の住宅との距離もありますので、大きな窓をつけてみても良いかもしれません。風通しが良く、爽やかな空気が入るでしょう。注文住宅を建築する時に必ず頭に入れておきたい事は、駐車場になります。駐車場の台数は、その家で保有する車の台数分で良いですが、お客さんの分なども含めて駐車場を考えるか問題になります。基本的には、二台分のスペースがあれば特に問題はないでしょう。しかしながら、よく来客がある場合には、3台分ぐらいのスペースを確保しておきたいところです。三島市の場合は、車1台分のスペースを余分に確保をしても、そこまで土地の値段が高くないため、金銭的な負担が大きくなるとは考えにくいです。いずれにしても、建物と庭等のバランスから考えてみるのも良いかもしれません。

収納などに気をつけよう

鍵と住宅模型

これから三島市で注文住宅を建築したいと考えている場合、いくつか気をつけることがあります。そのうちの1つは、収納になります。収納はいざとなれば増やすことができますが、決定的に収納不足の場合には1部屋物置のようにしなければならなくなります。そのため、ある程度余裕を持って収納を確保しておくことが大事になります。どれぐらいのスペースがあれば良いかは、その家に住む住人の人数やどれだけものを所有しているかによって変わってくるところです。例えば、子供がまだ小さく2人以上いる場合、これからものが増えていく可能性があります。特に中学生以降になると、たくさんのもので溢れる可能性も高いでしょう。このように考えれば、ある程度まとまった収納を用意しておくことが必要になります。部屋の中だけでなく、建物の外にも物置を用意しておくと良いでしょう。物置はちりとりや箒などを入れるのに役立ちますが、それ以外にも収納できるスペースは取っておいた方が良いです。収納以外で気にしておきたいのは、窓の大きさです。窓は大きければ大きいほど、開放感に溢れた明るい部屋の中になるに違いありません。しかし、窓が大きすぎると不便なことが考えられます。例えば部屋の中に人間の背丈ほどの本棚やタンスなどを置く場合、窓があるとその窓を潰さなければならなくなりそもそも設置した意味がなくなるでしょう。そうだとすれば、窓を設置する場合にもどのような部屋の使い方をするかをあらかじめ予想しておいた方が良いです。

広告募集中