HOME>イチオシ情報>家族の身を守るための住宅デザインの選び方
電卓と

火災対策を意識した設計

日本は地震が発生しやすい国だと言われているために、大震災に備えて住宅デザインを決めたいと考える人も多いのですが、地震だけでなく火災対策を考えておく事も重要です。三島市の注文住宅であればハウスメーカーのスタッフと協力しながら、火災にも強い最高の住宅デザインを作り上げる事ができます。住宅内で火災が発生しても他の部屋に延焼しにくいように、壁や床だけでなくドアの材質にこだわった、安全性の高いマイホームを建築できる点が魅力的です。ドアからの延焼を防ぐだけでも、火災の被害が大きく減らせる場合もありますから、ハウスメーカーと話し合いながら火災対策について考えてください。火災に強い材質を選んだからといって、急に住宅の値段が上がってしまう心配もないので、予算に余裕がないという人も火災対策について考える事をおすすめします。

狭小住宅のお得さも人気

自分の好みに合うマイホームを建築しようとすると、高い費用を支払う事になるので難しいと考えている人は、三島市の注文住宅のお得さについて調べてください。土地が狭くても十分に快適な暮らしを楽しめる、狭小住宅のデザインが話題となっており、土地の代金を節約しながら理想的なマイホームを建築できます。交通アクセスの良い場所であっても、土地が300万円から500万円ほどで購入できる場合もあり、建築にかかる費用を1000万円以下に抑える事も可能です。土地が狭かったとしても3階建ての狭小住宅を建築する事で、部屋数が足りなくて苦労する事もなくて、快適な暮らしを楽しめると話題になっています。三島市の注文住宅を販売するハウスメーカーであれば、狭小住宅を設計してきた実績も豊富で、耐震性の高い3階建ての物件を建築できる点が魅力的です。

広告募集中